風俗お仕事解説

【風俗で働きたい方向け】ヘルスとソープはなにが違う?サービス内容や給料をイチからくわしく解説

女性向けの高収入アルバイトで、圧倒的人気が高いヘルスとソープ。

とはいっても、はじめて働く人からしてみれば、「仕事内容や給料など何が違うのか分からない…」と疑問に思うでしょう。

今回の記事では、ヘルスとソープは何が違うのかについて解説していきます。

メリットやデメリット、注意点なども合わせて解説していきますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

ヘルスとソープの違いは?イチからくわしく解説

風俗サービスの中でも、特に人気が高いヘルスとソープ。

ここでは、その違いについてくわしく解説していきます。

ヘルスとソープの違い

★タップすれば各項目にスクロールします。

ヘルスとは?

まずは、ヘルスから。

ヘルスサービスは、基本的に本番なしでディープキスやフェラチオなどの性的サービスを行うお仕事です。

ヘルスサービスには主に、次の3種類があります。

  1. 「デリヘル」…店舗がなく、お客さんの自宅やラブホテルに派遣される
  2. 「ホテヘル」…店舗があり、ラブホテルやビジネスホテルに派遣される
  3. 「ファッションヘルス(箱ヘル)」…お店の中の部屋でプレイをする
咲(通常顔)
咲(通常顔)
基本的に仕事内容は共通しており、唯一違うのは派遣場所です♪

ソープとは?

続いては、ソープについて解説していきます。

ソープは数ある風俗の中で珍しく、本番(挿入行為)ありのお仕事です。

お店の中でお客様をお出迎えし、体を洗って愛撫をし最後に挿入を行います。

デリヘルと異なり、お客様の自宅やラブホテルに派遣されず、お店の中でお仕事を行うのが特徴。

咲(通常顔)
咲(通常顔)
ただし本番行為を何度も行うため、ある程度の体力も必要です!

コース時間とサービス内容

コース時間とプレイ内容の主な違いは次の表のとおりです。

<コース時間とサービス内容>
ヘルスソープ
コース時間約60分約90分
サービス内容
  • キス
  • フェラ
  • 素股
  • 手コキ
  • シックスナイン
  • 入浴
  • マットプレイ
  • 潜望鏡
  • スケベ椅子
  • キス
  • フェラ
  • 本番
オプション
  • コスプレ
  • 待ち合わせ
  • 即尺
  • ごっくん
  • 顔射
  • AFなど
基本的になし
ハード度★★★★★★★★

ヘルスのコース時間は、60分から長くても90分ほどが主流で、なおかつ本番行為もないので仕事内容はソープに比べるとハードではありません

ソープの場合は長く楽しみたいお客さんが多く来店するため、1回あたりのプレイ時間も90分~120分が主流となっています。

咲(通常顔)
咲(通常顔)
肉体的ハードさなら、ソープのほうが圧倒的に高いのが特徴です。

ヘルスとソープのお給料相場は、次のとおりです。

<給料の相場比較>
ソープ
デリヘル・箱ヘル・ホテヘル
日給
約6万円
4万円〜5万円
月給
約90万円
60万円〜70万円
年収
約1,000万円
720万円〜840万円

表のとおり、ソープはヘルスに比べ給料の相場が高い傾向にあります。

咲(通常顔)
咲(通常顔)
ソープのお給料が高いのはヘルスと比べ、コース時間が長くお客様が支払う1人当たりの金額が高いからですよ!

ヘルスとソープの給料システムは基本的に同じ

ヘルスもソープも給料システムは、基本的に同じで歩合制です。

ヘルスとソープの
給料システム

給料=お客様の基本料金×バック率+オプション+指名料-雑費

バック率の平均は、ヘルス・ソープともに50%~70%です。

高級店は、コンドームやタオルなどの備品の雑費が給料から引かれる場合があります。

バック率とは?:お客様の料金に対する女性の取り分の割合

身バレ度

基本的に、ヘルスの場合は箱ヘルを除いてラブホテルなどさまざまな場所に派遣されます。

しかし、店舗型のお店や受付のあるホテヘルはカメラでお客様の顔を確認できます

お客様の顔をカメラで確認できるお仕事は、次のとおりです。

<受付のカメラの有無>
受付のカメラ
デリヘル
×
箱ヘル・ホテヘル・ソープ

デリヘルは、受付でお客様の顔を確認できません。

ただ、デリヘルは派遣エリアの指定や電話番号のNG設定などの対策を行ってくれますよ。

咲(通常顔)
咲(通常顔)
お客様の顔を確認できるので、身バレが怖い場合は、箱ヘルやソープといった店舗型のお店で働くのがオススメですよ!

ヘルスとソープあなたに向いているのはこっち!

「なんとなく違いは分かったけど、結局どっちのほうが向いているんだろう…」
このように思う人もいるでしょう。

ここでは、そんな人のためにヘルス・ソープに向いている人の特徴をご紹介していきます。

どちらで働こうか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ふーやん編集部にお店探しを相談

ヘルスに向いている人

ヘルスに向いている人は、次のとおりです。

  • イチャイチャプレイができる人
  • 接客ができる人

ヘルスサービスは本番なしの代わりに、恋人のようなイチャイチャプレイを求めてやってくるお客さんが多いです。

そのためイチャイチャプレイをしながら、笑顔で対応できる人にオススメと言えます。

また、基本的に1対1の接客になるので、ある程度お話好きの人にも向いています。

ソープに向いている人

ソープに向いている人は、次のとおりです。

  • がっつり稼ぎたい人
  • 勉強熱心な人
  • 体力がある人

ソープはヘルスと比べて本番行為ありの、体力的にハードなお仕事ですが、日給約6万以上の高収入を稼げます。

そのため、がっつり稼ぎたい・体力に自信があるという人にオススメの仕事です。

また、ソープで稼ぐにはリピーターを集めなければなりません。

咲(通常顔)
咲(通常顔)
ソープは技術を向上するための研修を受けたり、お客さんの心理を理解するなど勉強熱心な人にも向いていますよ!

ヘルスで働くメリット・デメリット

それでは、ここからは各業種で働くメリット・デメリットについて解説していきます。

まずは、ヘルスから紹介していきますね。

メリット

★タップすれば各項目にスクロールします。

デメリット

★タップすれば各項目にスクロールします。

【メリット】自分に合ったお店を見つけやすい

ヘルスのメリットは、自分に合ったお店を見つけやすいところです。

デリヘル・箱ヘル・ホテヘルは、全国に多数のお店が存在していて、コンセプトも人妻・ロリ・JK・OL系などさまざまです。

咲(通常顔)
咲(通常顔)
お店が多い分、希望する条件や環境で働きやすいです♪

【メリット】時間の融通が利く

ヘルスのお仕事は、他の業種と比べて時間の融通が利きやすいです。

「本業が忙しいから、週2日だけ」
「ガッツリ稼ぎたいから週5日働きたい」

このようなシフトの提出も可能です。

また、デリヘルの場合は基本的に24時間営業をしているので、いつでも好きな時間帯に働けるのがポイント

咲(通常顔)
咲(通常顔)
お店によっては完全自由出勤制にしているところもあるため、本業と掛け持ちして働くということも可能なんです!

【デメリット】稼ぎやすいお店を見つける必要がある

ヘルスは、環境や稼ぎやすさや集客がお店によって全く違います。

それ故に自分で稼ぎやすいお店を見つける必要があります

適当に求人に応募して行ってみたら、求人と全然違うことを要求されたりブラックな環境だった…なんてことも珍しくありません。

咲(通常顔)
咲(通常顔)
失敗を防ぐためにも、きちんと自分でリサーチをした上でお店を見つけましょう!

ソープで働くメリット・デメリット

それでは、ソープで働くメリット・デメリットについても見ていきましょう。

タイトルが入ります

★タップすれば各項目にスクロールします。

タイトルが入ります

★タップすれば各項目にスクロールします。

高収入を稼ぐことができる

ソープは本番ありな分、日給が6万円以上とヘルスよりも高いです。

そのため、順調に稼いでいけば月収100万円以上稼げます

1本あたりの単価が高いので、効率よくお客さんを回していけばあっという間に高収入を稼げます。

咲(通常顔)
咲(通常顔)
短期で高収入を稼ぎたいという人に、オススメのお仕事ですよ!

【メリット】安定した集客力

ソープはヘルスと比べて、老舗のお店が多いです。

それ故に安定した集客力を誇っています

集客が多い=稼げるチャンスがあるということ。

咲(通常顔)
咲(通常顔)
ソープに訪れるお客さんが途絶えることはないため、効率よく稼ぐことができます!

【デメリット】エリアが限られる

ソープはヘルスと比べて店舗数が少なく、働けるエリアも限られています

日本の主なソープ街は次のとおりです。

<主なソープ街>
ソープ街
所在地
店舗数
吉原
東京都台東区
139店舗
福原
兵庫県神戸市
59店舗
雄琴
滋賀県大津市
34店舗
すすき野
北海道札幌市
38店舗
堀之内
神奈川県川崎市
71店舗
金津園
岐阜県岐阜市
 54店舗
中洲
福岡県福岡市
85店舗

※ヘルスの場合は全国約2万件、ソープの場合は全国で約1200件

※参照元:とどラン

咲(通常顔)
咲(通常顔)
関西で最大の都市の大阪市にはソープがないため、関西のソープで働きたい場合は雄琴や福原など少し遠めのエリアで働かなければなりません。

【デメリット】テクニックの勉強が必要

ソープで働くデメリットで代表的なのが、テクニックの勉強です。

より多くのリピーターを得るためには、お客さんを気持ちよくするテクニックを定期的に学んでいかなければなりません

咲(通常顔)
咲(通常顔)
マットプレイや潜望鏡といったソープ独自のプレイもあるため、習得をするのにかなり時間がかかることも注意しておきましょう!

【デメリット】体力の消耗

一番のデメリットは、なんといっても体力の消耗です。

体全体を使ってのマットプレイや挿入を何度も何度も行うため、人によっては限界を感じてしまうことも…。

咲(通常顔)
咲(通常顔)
ヘルスと比べると、ハードな仕事であることを留意しておきましょう!
ヘルスとソープで働くときの注意点
  1. 金銭感覚が狂いやすい
  2. 身バレには気を付けよう
  3. 確定申告が必要

★タップすれば各項目にスクロールします。

ヘルスとソープに共通する注意点

ヘルスとソープで働く際には以下のことを注意しておきましょう。

金銭感覚が狂いやすい

金銭感覚が狂いやすい

どちらの仕事も、日給5万円以上の高収入を稼げるのが特徴。

それ故に金銭感覚が狂いやすいというデメリットがあります

金銭感覚が狂ってしまうと、普通の生活水準に戻すのが非常に困難になります。

咲(通常顔)
咲(通常顔)
必要なお金だけしか引き出さないようにするなどしっかりと自分を律して金銭管理を行いましょう!

身バレには気を付けよう

身バレには気を付けよう

風俗で働く上で気をつけたいのが、身バレです。

家族や友人、恋人に内緒で風俗バイトを行っていても、ふとした偶然から身バレしてしまうのは珍しくありません。

風俗で身バレをする主な原因は、次のとおりですよ。

  • いきなり金遣いが荒くなる
  • SNSで知人バレしそうな写真を投稿する
  • お店の名刺を家に置きっぱなしにした

風俗の身バレに関する解説は、以下の記事を参考にしてくださいね。

確定申告が必要

確定申告が必要

風俗嬢は社員ではなくあくまで個人事業主扱いです。

そのため、税金の納付や申告は自分で行わなけれなりません

確定申告を行わず、そのまま放置をしてしまうと最悪脱税で捕まってしまうことも…

最初は大変かもしれませんが、脱税にならないためにも確定申告を行うようにしましょう。

咲(通常顔)
咲(通常顔)
お店によっては顧問税理士と提携している場合もありますので、面接時に確認するのがおすすめです!

ヘルスとソープに共通する稼ぎ方

ヘルスとソープで効率よく稼ぐ方法は、次のとおりです。

ヘルスとソープで働くときの注意点

★タップすれば各項目にスクロールします。

それでは、詳しく説明しますね。

リピーターを作る

どちらの仕事も人消せげる人に共通するのは、リピーターが多いことです。

リピーターが多ければすぐに予約枠が埋まり、暇な時期でも収入が下がることがありません。

また、リピーターのお客様を接客したときは、指名料として2,000円〜5,000円がコース料金にプラスして女性の手取りになります。

咲(通常顔)
咲(通常顔)
リピーターを獲得するためにも、お客様に喜んでいただけるような接客術やテクニックを身につけるのがおすすめですよ!

プロ意識を持つ

風俗で仕事をする場合プロ意識も大切です。

たとえ風俗未経験でも、プロ意識を持って仕事に臨まなければ稼げません

玄関先でお客様を笑顔で出迎えるなど、いかにお客様の心を癒すかを常に考えているかたが月給100万円以上を稼ぎますよ。

月給200万円以上稼ぎたい人は、遅刻や無断欠勤などをせずにプロ意識を持って取り組みましょう。

まとめ

今回は、ヘルスとソープの違いなどについてまとめていきました。

ヘルスとソープの違いは、次のとおりです。

ヘルスとソープの違いまとめ

  • ヘルスとソープの一番の違いは、本番の有無
  • 体力的にきついけど日給が高いのがソープ
  • 日給は低いけどシフトも自由度が高く働ける店も多いのがヘルス

ガッツリ稼ぎたい方は、ソープがおすすめ

時間の融通が欲しい方は、デリヘルがおすすめです。

これから風俗バイトを始めたいと考えており、どの仕事に就くか迷っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

ABOUT ME
サイト監修:咲
大学在学時に、デリヘルデビュー。 関西のデリヘルやソープ店でNO.1を経験。 関西の風俗で10年間働いた経験を活かし、「どうやって稼いでいいかわからない」という方に向けて、接客術・テクニック・優良求人情報を発信していきます(୨୧ᵕ̤ᴗᵕ̤)✧