風俗お仕事解説

メンズエステの仕事内容とは?お給料から違法店の見分け方まで全解説

メンズエステに関するアイキャッチ画像

メンズエステの仕事内容は、お客さんにリラクゼーションを主体としたマッサージを提供することです。

非風俗サービスのため脱ぎ・お触り・抜きはありません。

今回はそんなメンズエステの仕事内容を詳しく紹介します!

咲(さき)
咲(さき)
お給料事情やメリット・デメリットについても解説するので、ぜひ参考にしてくださいね!

\稼げるメンズエステ探しはコチラ/ふーやん編集部にお店探しを相談

メンズエステの仕事内容とは?

メンズエステの仕事内容はお客さまのマッサージをすること。

しかしマッサージにも種類があり、さまざまな技術を要します。

そこでまずは、メンズエステはどんな仕事をするのか詳しく見ていきましょう!

咲(さき)
咲(さき)
メンズエステに興味を持っている女の子は、チェックしてみてくださいね✨

お客さんをマッサージする仕事

好意を表すハートの画像

メンズエステは、お客さんをマッサージする非風俗エステサロンです。

主に男性が美を追求するエステ色の強いサロン・女性が男性を癒やすリラクゼーションサロンの2種類あります。

癒やす目的のリラクゼーションサロンの場合、女性は露出度の高い衣装を着て密着しながらマッサージします。

そのため、少しエッチな雰囲気になることも少なくありません。

咲(さき)
咲(さき)
ちなみにメンズエステで働く女の子は、セラピストと呼ばれることもあるんですよ!

マッサージの種類はたくさんある

メンズエステで行われるマッサージは複数の種類があり、それぞれに特徴があります。

<メンズエステの種類と特徴>
種類 特徴
指圧やストレッチ 筋繊維に沿ったもみほぐしと
伸ばしたり姿勢を変えたりして
固まった部位をほぐす
アロマトリートメント アロマオイルを使用し、
香りとともに全身をトリートメントしながらマッサージする
ディープリンパマッサージ 股の付け根にある
そけい部を中心としたマッサージをする
パウダーマッサージ オイルの代わりに
パウダーを代用したマッサージ
洗体マッサージ オイルではなく
ボディソープを使ったマッサージ
密着マッサージ 名前のとおり、
密着しながらマッサージする
例:男性の背面から密着し、正面側をマッサージする

一概にメンズエステといえど、テクニックは必要。

咲(さき)
咲(さき)
お金を頂く以上、接客技術は磨かないといけません💦

抜きやお触りは一切なし

メンズエステは届け出自体が非風俗扱いのため、性的サービスを行うと犯罪になります。

そのため、抜きやお触りは禁止

しかし、一部の悪質店では抜きやお触りサービスを良しとしている場合もあります。

抜きがサービスに入っているのは違法店

警察、お巡りさんに関する画像

メンズエステは風俗特殊営業という届け出を行わないので、抜きを強制させるお店は例外なく違法です。

本番行為はもちろん手コキもできません。

グレーなイメージとは裏腹に、本来であれば非常に健全なお店です!

もし抜きサービスをしているお店があれば、違法店なので働かないでくださいね。

違法店で働くと、タレコミがあれば一瞬で営業許可取り消しとなることもあります。

咲(さき)
咲(さき)
風俗嬢は逮捕されませんが、事情聴取のため警察署に行く羽目になったり、面倒ごとに巻き込まれる可能性も…💦

店舗によって営業形態が違う

メンズエステには営業形態が3つあります。

以下から詳しく解説します。

咲(さき)
咲(さき)
稼ぎやすいかどうかやメリット・デメリットも違うので、ぜひチェックしてみてくださいね!

安心の『店舗型』

店舗型メンズエステのアイコン

店舗型は実店舗で運営しているため、何かあればすぐにスタッフが駆けつけてくれます。

そのため、安心して働きたい女の子におすすめです。

しかし店舗を運営するための維持費がかかるので、派遣型やマンション型よりも給料は低めに設定されています。

咲(さき)
咲(さき)
がっつり稼ぎたいという方には物足りないという声も少なくありません。

一番稼げる『派遣型』

派遣型メンズエステのアイコン

派遣型は、お客さんが指定した場所へ出向いてサービスを行います。

咲(さき)
咲(さき)
デリヘルのメンズエステバージョンのようなイメージです。

店舗型と違って諸経費がかからないため、給料は店舗型よりも多め。ガッツリ稼ぎたい方におすすめです。

ただし、お客さんの自宅などスタッフが駆けつけにくい場所に派遣されることもあるので、お金よりも安全重視の人にはおすすめしません。

最近増えている『マンション型』

マンション型メンズエステのアイコン

マンション型はここ最近増えてきているタイプ。

ワンルームや2LDKといった一室を借り、そこで女の子がサービスを行います。

事務所が近くにあることが大半なので、何かあってもスタッフがすぐ駆けつけてくれますよ。

店舗型よりも経費はかからず、派遣型よりも安全でバランスを重視したタイプと言えるでしょう。

咲(さき)
咲(さき)
煩わしい人間関係にも悩まされないのもポイントです!

メンズエステの仕事の流れ

メンズエステで仕事の流れは、下記のとおり。

  • STEP1
    顔合わせ
    お客さんと軽くコミュニケーションを取って緊張をほぐします。
  • STEP2
    料金支払い
    お店から聞いている時間と料金をお客さんへ聞き、間違いがなければ先に料金を支払ってもらいます。
  • STEP3
    準備
    お客さんにシャワーを浴びてもらいます。
    その際にメンズエステではパンツの着用が必須なので、お店から支給される紙パンツを渡しておきましょう。
  • STEP4
    施術開始
    施術を開始します。
    希望するコースやマッサージ方法、その他お店によってルールが違う場合もあります。
  • STEP5
    後片付け
    お客さんにもう一度シャワーを浴びてもらい、使用道具の後片付けをします。
    時間が来るまで会話を楽しんだり、お店によってはお茶出しをすることもあります。
  • STEP6
    お見送り

ちなみに店舗型なら部屋に移動するだけですが、派遣型だと自宅やホテルに出向く必要があります。

マンション型の場合は、マンションの一室で待っているだけ。

その後の流れは、店舗型・派遣型・マンション型ともに上記のとおりです。

メンズエステの3つのメリット

メンズエステで働くメリットは、次の3つ。

次の見出しから詳しく解説していきます。

①非風俗なのに高収入

高収入を表すアイコン

メンズエステでは、性的サービスが許可されていません。

性的サービスでなければ稼ぎにくい印象もありますが、人気セラピストになれば風俗嬢並みに稼げます。

つまり、メンズエステは心身への負担も少なく済み、稼ぎやすい人気の職種です。

咲(さき)
咲(さき)
日払いなのでお金に困っているときもサッと稼げますよ。

②マッサージの技術が身につく

マッサージのアイコン

メンズエステの主体サービスはマッサージです。

働くうちにマッサージの技術が身につきますし、お店によっては講習や研修を行っているところもあります。

咲(さき)
咲(さき)
本格的に技術をつければ、独立することも可能なんですよ✨

そのため将来的にマッサージ業界で働きたい方や、独立を視野に入れている方にも選ばれています。

③自由度が高い

自由度の高さを表すアイコン

基本的にメンズエステでは、自由に出勤できる制度が取り入れられています。

出勤時間や日数の縛りもなく、稼ぎたいときに稼げるスタイルが特徴です。

自由度が高く稼ぎやすいため、プライベートも充実させられるでしょう。

咲(さき)
咲(さき)
他の風俗と比べて精神的にも楽なので、社会人の副業や学生にも人気です。

メンズエステの2つのデメリット

メリットの多いメンズエステですが、もちろんデメリットもあります。

具体的には、腕が筋肉痛になる性的サービスを要求するお客さんがいるという点です。

咲(さき)
咲(さき)
次の見出しから詳しく解説してするので、ぜひ参考にしてくださいね!

①腕が筋肉痛になる

誰かのマッサージを60分以上行ったことはありますか?

専門の業種についていなければまずありませんよね。

そのため、最初は腕が筋肉痛になるのを覚悟しなくてはなりません。

人によっては、筋肉痛がひどくて眠れなくなる方もいるので、慣れないうちは連勤をせずに休みを空けて勤務したほうが無難です。

咲(さき)
咲(さき)
ある程度慣れてくれば筋力がつくと同時に、疲れにくいマッサージ方法が分かってくるので安心してくださいね!

②性的サービスを要求してくるお客さんがいる

個室で密着度の高いマッサージを行うと、性的サービスを期待してしまうお客さんが出てきます。

しかしメンズエステでは性的サービスが禁止されているため、しっかりと断りましょう。

咲(さき)
咲(さき)
しつこいようならハッキリとNGを伝えるか「お店に確認を取りますね」と言ってスタッフへ連絡を入れてくださいね!

メンズエステの給料事情

メンズエステは歩合制の即日払いが基本です。

咲(さき)
咲(さき)
働いた分、しっかりとその日のうちにお財布に入るのは嬉しいですよね💓

以下で平均給料をまとめましたので、参考にしてください。

<メンズエステの給料平均>
1本あたりの給料 (90分10,000円コース利用時)
5,000~6,000円
日給相場 (週3~5日勤務時)25,000円前後

月給は平均30~50万円ほど

しかし、週にどれくらい出勤して何人お客さんにサービスをするのか、コース内容やバック率と変動するので一概には言えません。

また、接客時にアロマ・タオル・紙パンツなど備品の使用料金が1日の売上の5~10%(もしくは1人につき500円程度)程度、雑費として引かれることもあります。

メンズエステののお給料計算例

【10,000円(お客様の料金)×50%(バック率)】×5%(雑費)=4,500円(手取り金額)

咲(さき)
咲(さき)
ちなみに指名された場合は、1件につき指名料金の1,000円~2,000円ほどバック金額にプラスされますよ!

その他、お店によっては日給保証を出しているところもあります。

指名されるか不安な方はまずは日給保証を提示しているお店の求人に応募しましょう。

稼げるメンズエステ探しなら、
ふーやん編集部にお任せください!

お店選びで確認する3つのこと

メンズエステのお店選びで確認すべきことは、以下の3つです。

この項目をしっかり確認すれば、自分に合った条件のお店を選べます。

業務形態はどれなのか

メンズエステでは、下記3つの業務形態があります。

  • 店舗型
  • 派遣型
  • マンション型

一番安全なのは店舗型ですが、稼ぎにくい傾向が強いです。

派遣型は稼ぎやすいものの、安全性は少し乏しいところ。

マンション型はお金面と安全性の良いところを取ったバランス型です。

咲(さき)
咲(さき)
自分がどこを重視するかでお店のタイプが変わるので、働き方に合った業務形態を選んでくださいね。

性的サービスはあるのか

メンズエステはそもそも性的サービスを行ってはいけません。

しかし中には悪質店もあり、実は抜きありの場合もあります。

事前にTwitterや各種SNSで情報収集を行い、表向きと実態がどのように運営されているか情報収集しておくことをおすすめします。

給料体系について

給料体系が時給制か歩合制かを確認しておきましょう。

正直にお伝えすると、時給制は一般職よりも高額なものの稼ぎにくいのも事実。

咲(さき)
咲(さき)
稼ぐなら歩合制のお店を選択してください。

また保証があるかどうかも確認しておくと安心できます!

日給保証や稼げなかった場合に時給へ切り替える待機時給保証などいろいろなものがあるので、自分に合った保証形態をしているお店を選びましょう。

ちなみに、保証を適用するための条件が定められている場合もあるので、面接時に確認しておいてくださいね!

まとめ

メンズエステの仕事内容は、お客さんにリラクゼーションを主体としたマッサージを提供すること

非風俗サービスのため抜きはありません。

しかし現実には抜きサービスを行う違法店もあるので、SNSや掲示板などであらかじめ危ないお店ではないか調べておきましょう。

咲(さき)
咲(さき)
ちなみに、メンズエステには店舗型・派遣型・マンション型の3つがあり、それぞれの特徴は以下のとおり。

 

<メンズエステの特徴>
稼ぎやすさ 安全性
店舗型
派遣型
マンション型

一番おすすめなのは、最近増えているマンション型。

稼ぎやすさはもちろん、お店も近くにある場合が多いのでトラブルが起きた時もスタッフがすぐに駆けつけてくれます!

とはいえ、移動する時間が息抜きになる派遣型派安全第一の店舗型派など、人によって好むタイプは違います。

あなたも自分にはどのメンズエステが一番合っているのか、見極めてから求人に応募してくださいね!

⚠メンズエステを名乗る、デリヘルや抜きアリの回春エステが増えています⚠
とくに素性を隠した嘘求人に紛れていることが多いので、面接の時に仕事内容をよく確認してくださいね。

★信頼できるメンエス探しは
ふーやん編集部にお任せください!

ABOUT ME
サイト監修:咲
大学在学時に、デリヘルデビュー。 関西のデリヘルやソープ店でNO.1を経験。 関西の風俗で10年間働いた経験を活かし、「どうやって稼いでいいかわからない」という方に向けて、接客術・テクニック・優良求人情報を発信していきます(୨୧ᵕ̤ᴗᵕ̤)✧
「ふーやん」ってどんなサイト?
ふーやんCTA用画像

ふーやんは、風俗嬢のためのメディアサイトです。
元風俗嬢が、現役時代の悩みや疑問をもとに、経験談を交えて分かりやすく解説していきます!

また、「稼げない…」と悩んでいる方に向けたお仕事相談や紹介サービスも実施中!
お仕事に関するいろんな悩みや相談は、ふーやん編集部にまでお寄せください💡