風俗お仕事解説

【保存版】ソープの体験入店とは?体入の流れ・給料・注意点・店舗の選び方を徹底解説!

ソープの体験入店
貯金を確保するためにソープで働こうと思うけど、求人にある体験入店ってそもそも何なんだろう?
体入をする時って男性スタッフが担当するのかな?どんな内容になのか不安…

はじめてソープの体験入店に行く時って、色々と分からないことがあってとても不安に感じてしまいますよね。

体験入店(体入)とは、「正式にお店で働く前にどんなお仕事内容なのか体験できる」制度ですよ。

今回の記事では、ソープの体験入店の流れや給料相場、体入をするときの注意点や店舗の選び方を徹底的に解説していきます。

そもそもソープの体験入店とは?

まずは、ソープの体験入店とはどういった制度なのか、改めて説明していきますね。

体験入店は、「1日だけお店で働き、仕事内容やお店の雰囲気を体験するため」に設けられた制度。

体入をすることによって、はじめてソープで働く女の子が職場や仕事内容を理解できますよ。

体入なしでそのまま店舗で働いてしまうと、次のようなギャップを感じてしまう場合があります。

仕事内容が思ったよりハードだった!
人間関係がギスギスしていて働きづらい!

まずは体験入店を行い、自分にあったお店かどうか見極めるのが大事ですよ!

面接から体入までの流れ

体験入店の制度について分かったところで、次に面接から体入までの流れを簡単にご紹介します。

面接から体入までの流れ
  1. お店に応募をする
  2. 実際に店舗に行って面接をする
  3. 体入をする
  4. 勤務時間が終了後、本入店するかどうか決める

まずは面接に行って、面接後にそのまま体入に移ることがほとんどです。

とはいえ、説明なしでいきなり仕事をさせられるわけではありません。

体入前に、スタッフから講習やお仕事の説明を受けられるので安心してくださいね。

体験入店の1日の流れ

基本の流れは、次のとおりです。

体験入店の1日の流れ
  1. 面接から体験入店に入る
  2. 講習を受ける
  3. 指名が来るまで待機する
  4. 指名が来たらお仕事に向かう
  5. 勤務終了のときにお給料をもらう
  6. 帰宅

ソープの場合、他の風俗バイトと比べてお仕事内容が特殊なため、あらかじめ講習を受けることがほとんどです。

講習を受け終えたら、いよいよ体入です。

「客層はどのようなものか」「お店の雰囲気は自分にあっているか」をチェックしながらお仕事をしましょう。

お仕事が終わったら、その日働いたお給料は勤務時間終了後にもらえますよ。

講習は基本的にビデオか女性スタッフ

女の子がソープで働く上で一番気になるのが、「講習」。

講習というと、「男性スタッフとHなことをしなければならない」というイメージを持っている人が多いため、はじめての場合は抵抗を感じるでしょう。

しかし、最近のソープの講習は基本的にビデオによる説明か、店舗によっては講習専門の女性スタッフによる指導も増えてきています。

男性スタッフが直接指導するケースはほぼないので、安心してくださいね。

わからないことや不安なことがあれば、スタッフにあらかじめ質問をしておくといいでしょう。

面接と体験入店に必要な持ち物

基本的にソープは履歴書不要ですが、その代わりに以下のものが必要です。

  • 顔写真付きの身分証明書(運転免許証・パスポートなど)
  • メモ帳(体入で説明を受ける時などに使えるため)

身分証は、「年齢確認(18歳以上であるかどうか)」と「本人確認」のため使われるので、お店側で悪用されることはありません。

面接のときに身分証がないと、体験入店は受けさせてもらえないので必ず用意しておきましょう。

ソープの体験入店は稼げる?給料は?

風俗 給料

一般的なソープの給料相場は、日給5万円~6万円となっています。

1本あたりの単価が他の風俗バイトと比べて高いため、1日あたり2~3人のお客さんを相手にするだけで上記のような日給を稼ぐことができます。

体入時の場合も、お客さんが何人もつけば相場くらいの給料を稼ぐことも可能です。

体入の給料の具体例は、次の通りですよ。

条件

  • 中級店
  • 働く時間:6時間
  • コース:90分
  • お客様の料金:17,000円
  • 本数:4

17,000円×4人=68,000円

※上記はあくまで一例です。サービス料金やバック率によって体験入店時のお給料は異なります。

ソープの給料については、次の記事を参考にしてくださいね。

給料は基本的に即日払い

ソープの体験入店の給料は、基本的に即日日払いです。

勤務時間が終了したら、スタッフが1日分の給料の精算をしてくれて、帰る時に手渡しでお給料をもらえます。

なお、まれに即日日払いに対応していない店舗もありますので、体験入店をする前に確認を忘れないようにしましょう。

雑費が引かれる場合も

基本的に給料は日払いでもらえますが、全額すべてもらえない場合もあります。

バック率の他、お店を経営するために必要な雑費もお給料から引かれます。

バック率とは?

お店と女の子の給料の取り分のこと。
平均で50%。

雑費とは?

ローション代・グリンス代・衣装代などの必要経費のこと。

1ヶ月の給料からまとめて雑費が引かれる場合と、出勤して給料をもらうたびに毎回雑費が引かれる場合があります。

咲(通常顔)
咲(通常顔)
気になる場合は、あらかじめお店に問い合わせておきましょう!

【要確認】体入時に見ておくべき稼げる店舗を見抜くポイント

見極めるポイント

ソープ=高収入というイメージを抱く人は多いですが、他の風俗バイトと同じく稼げるお店とそうでないお店もあります。

稼げるお店を見極めるために、体入時に稼げる店舗かどうか必ずチェックしておくのが大事です。

ここでは、そのポイントについてご紹介していきますよ。

ホームページに力を入れている

まず見るべきなのが、ホームページです。

ソープは、チラシなどで集客ができないため、HPや風俗情報サイトなどを活用して集客をしています。

営業用のHPと女の子求人用のHP、どちらも用意されていて、なおかつ定期的に更新がされているお店は稼げるお店である可能性が非常に高いです。

応募をする前に、店舗のHPをどちらもチェックしておくといいでしょう。

電話が鳴っているか

次にチェックしたいのが、電話の鳴りです。

電話が全然鳴り止まないお店は、それだけ集客力も高く、人気も高いということ。

逆に、連日電話がならず、スタッフが暇そうにしているお店は稼げない可能性が非常に高いので、働くのはやめておいたほうがいいでしょう。

体入時に、どれくらい電話が鳴っているかも一つのチェックポイントです。

お店のレベルが自分に合っているか

ソープで稼ぎたい場合はお店のレベルが自分にあっているかどうかもチェックしておきましょう。

ソープは、女の子の容姿レベルにあわせて「高級店」「中級店」「大衆店」の3種類のお店があります。

大衆店

高級店・中級店と比べて採用率も上がりますが、その分1本あたりの単価も低くなるという特徴があります。

中級店

高級店よりも少し単価は低いですが、ルックスや体型によっては採用されることもあるお店です。

高級店

1プレイあたりの料金が非常に高額な分、女の子の容姿もモデル並であることが条件とされており、採用基準も厳しく設定されています

自分がどれくらいの容姿レベルなのかを分析して、お店選びをするのが重要ですよ。

また、容姿のレベルによっては高級店に比べて中級店を選んだほうが稼ぎやすいため、自信がない場合はそちらを選んでみるのもいいでしょう。

ソープの体験入店時はココに注意しよう!

注意

また、ソープの体験入店時には色々と気をつけることもあります。

この3つを注意しておくことで、よりスムーズに自分にあったお店を見つけることができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スタッフの言葉遣いをみる

まず注意したいのが、スタッフの言葉遣いです。

お店の雰囲気や質は、スタッフの言葉遣いがどれくらいのレベルかによって異なります

スタッフ同士や女の子に対して必ず敬語を使っている場合は、お店自体の雰囲気も良く、お客様も大事に扱っていることがわかります。

逆に、タメ口であったりオラついたような口調のスタッフがいる場合は、店内もギスギスしていることが多いですよ。

接客内容・給料を必ず確認する

体入時には、接客内容・給料について必ず確認をしておきましょう。

疑問に思ってそのまま放置をしてしまうと、あとで「聞いてた話と違う!」といったトラブルになってしまうことも。

そうならないためにも、少しでも疑問を感じたら必ず質問をしておきましょう。

特にお給料面に関しては、些細なことでもいいので聞いておくのが大事です。

体入荒らしはブラックリストに載る可能性も

女の子の中には、自分にあったお店を見つけるために何軒ものソープに体入している子もいます。

しかし、あまりにも多く他のお店で体入を繰り返してしまうと、「体入荒らし」と認定されてしまいます。

場合によっては、各風俗店のブラックリストに載ってしまう可能性もありますよ。

【Q&A】ソープの体験入店に関する質問3つ

Q&A

さて、ここからはソープの体験入店に関する質問を3つご紹介していきます。

これからソープで体験入店しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

体験入店したら必ず入店しなければいけないの?

よくあるのが、「体験入店をしたら必ず入店しなければいけないのか」という質問。

体験入店はあくまで女の子がお試しで働くための制度なので、雰囲気が合わないと感じた場合は入店を断っても大丈夫です。

入店する気がない場合ははっきり断るのではなく、「少し考えさせてください」とやんわりと伝えておきましょう。

体験入店後に不採用になることはある?

基本的に体験入店後に不採用になるケースは、ほぼありません。

体験入店をしている時点ですでにお店側も「採用したい」と考えていますので、終わったあとにいきなり「不採用です」と言われることはないので安心してくださいね。

体験入店は1日中働かなければいけないの?

体験入店で働く時間は、基本的に自分で決められます。

他に用事が入っている場合は3時間~4時間と短い時間でも可能ですし、じっくりとお店の雰囲気を知りたいという場合は長時間体験入店をすることも可能です。

ただし、1~2時間だとお客さんがつかず、給料0円か仕事1本で終わってしまうことがありますので、あらかじめお店側と相談した上で納得の行く勤務時間を決めておきましょう。

まとめ

今回は、ソープの体験入店で気になることをご紹介していきました。

ソープの体験入店のまとめ

体験入店はお店の雰囲気や仕事内容がどういったものか確かめられる
ソープに入店する場合は稼げるお店かどうか見極めるのが大事

これから体験入店をする上で必要なことなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ABOUT ME
サイト監修:咲
大学在学時に、デリヘルデビュー。 関西のデリヘルやソープ店でNO.1を経験。 関西の風俗で10年間働いた経験を活かし、女性一人ひとりにあった求人をご紹介します。風俗で働き始めてから、「どうやって稼いでいいかわからない」という方に向けて、接客術やテクニックも発信していきます。